エゴノム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイソンの鳥が鳴くノンアルの夜、魚探は潜り、円卓は廻る。

みなさん、ブエノス ディアス。イーゴンです。
巨匠・コンバット越前が眠らない街で修羅のように働いている間、一方こちら新潟の夜は、メガネの男達が人気もまばらなシャッター商店街に集まり、夏の終わりを噛み締めるための会議を開いておりました。


我々は、この金曜の夜の9時、新潟市は「古町」という、かつての繁華街の道っ端の曲がり角に、さしずめ明日の予定が何も無い専門学校生のようにダラリと集まり、

「どこいこうかね?」
「どこでもいいよ。」

といった、烏合の衆のごとき主体性の無さを互いに見てみぬフリしつつ、光源に集まる羽虫達のように、発光するスマートフォンの画面に顔を寄せ、便利アプリで近隣のグルメスポットを検索していた。

nite.jpg
上の挿絵、左から、のぶさん(車で来た)、プリ助(車、かつ、お酒はドクターストップ)、マッキー(車、かつ、完璧な下戸)、イーゴン(車)。
そして右上の小窓は不在の巨匠・コンバット越前(激務 in Tokyo)。

上記からもお察しの通り、不在のコンバット越前を除く4人は、「お酒を飲んじゃダメ」なメンツである。まぁ、全員車だし。
従って、この夜は「ノンアルサミット」という形になったわけである。

禁酒中のプリ助と下戸のマッキーはさておき、のぶさんだってもともとそんなに酒飲みではない。わたくしイーゴンと不在のコンバットがビール大好き、プリン体を愛してしまった男たちである。

なので、コンバット不在のこの夜は、私が酒を飲まなければ、完全なノンアルコール。
私は酒を飲まずにサミットに参加した事が無かったので、さて、どんな感じになるのか、という興味も手伝って、あえて車で集合地に乗り付け、呑めない状況に追い込んだわけである。

【PR】飲酒運転、ダメ、絶対!

さて、アルコールから遠く離れて、一体我々は何処へ向かうのか?
中華料理である。

プリ夫の車に全員乗り込み、一路「古町」から「学校町」の広来飯店へ向かう。
運転席プリ助。助手席のぶさん。後部座席にはマッキーと私イーゴン



今回のサミットは、飲み会ではなく、晩餐会の様相。
手慰みに、キリン・フリー。

以下、議事録。


(※個人の特定が出来ないように、画像に若干の加工を施しています。)

場所:「広来飯店 学校町店」新潟県新潟市中央区学校町通
   (長居して追い出されたあとは、古町のfoodelicに移動)
日時:2012年8月18日 21時40分〜26時半
参加者:イーゴン、プリ助、のぶ、マッキー

<話題>

マイクタイソンは、大事にしていたペットの鳩を年上の不良グループの少年たちに虐殺され、我を忘れてその不良達を殴り倒したことから自身の獣性と強さに気がついたという話

プリ助の父の趣味は釣り。自前の魚群探知機を持っていて、どの位置でどの深さまで潜らせるか、データをプリセットしている。

偉人が銅像されると思われがちだが、普通の人でも自分の銅像を作って建ててしまえば、偉人ステータスを得られるのではないか?銅像を建てたいんだ。

新潟市古町のセブンイレブンの前にあるドカベン岩城の銅像が口にくわえている枝は、良く折られて盗まれる。なので現在はネジで着脱式になっており、夜になると商店街のおっさんが、その枝を取り外し、持って帰って保管しているらしい。そのおっさんが風邪引いたり旅行行ったりしたらどうなるのか?おっさんが枝を無くしたら、たぶん、似たヤツを作ってそっと差し替えるんじゃないか?

銅像を守る仕事を「銅像守(どうぞうもり)」と呼んでみる。

新潟の偉人「良寛さん」の話は、どこまで掘り下げても盛り上がらない。

花火は個人で買って、打ち上げるときアナウンスが付けられる。TVの新春の挨拶も、個人名が出始めている。つまり、プライベートがパブリックにはみ出して来た。ローカルメディアの面白さ。

プリ助「なんかいいアイデアがでるまで帰らねぇぞ!」→直後、嫁から電話。

1キロの米俵は、サイズ感がなんか嬉しい。ちょっと肩に乗せたくなるよね。

怪獣に打ち勝つには、自分も怪獣になるしかないのかな?(遠い目)

マッキーとプリ助は意外にも初対面。

新潟は本当に美味い店が多い。名店だらけ。名店のインフレ。

鳥の名店「せきとり」の蒸し鶏は絶品である。下に敷いたキャベツに肉汁が染み込んでそれも美味い。そこにご飯を混ぜて喰う。捨てるとこなし。

イーゴン「ファミレス閉まってたの初めてだよ。」(ロイホに鍵がかかってた。)

のぶ「春巻きはふつうだな。」(一同同意)

以上。※補足事項があれば、関係者はコメントに追記して下さい。


さて、その頃のコンバット越前はというと。




↓少し煽ってみると、呪われた。





そして、我々がサミットしている間、こんな記事を書いていました。
「舐めた事がまかり通るほど世間はぬるま湯では無い」


コンバット越前よ、俺たちはお前をリスペクトしてるぜ。怪獣になれよ。


- 1 Comments

ぷり助  

イラストを起こしているところが偉い。
楽したい、という事について話していたのに。楽~。楽してぇ~。

2012/08/18 (Sat) 18:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。