エゴノム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケツの穴の小さい男でも結婚出来るとしたら俺はどうなんだろう

tumblr_m7e4wsYeiX1qz4l64o1_1280.jpg

この記事の前に投稿されている、「チャイニーズ未来予想図2.0」で思い出したんですけど、この時の食事代は俺が払いました。奢った自慢などではなく、単なる事実として。

「払い」というので思い出したのですが、私は友人たちと飲んだ時に余裕があれば多めに払いたい、もしくは全額払いたい派です。というか、この年になってようやくそういう希望にわたくしの収入が吊り合ってきた、という事なのですけれども。15歳から25歳のわたしは本当にお金が無くて、働けども働けども片っ端からバーチャ貯金に興ずる余り、友人や恋人から金を借りたり奢って貰ったりは当たり前、あまつさえ時間に対価を払い、エロい事を繰り広げる場ですら恋人に金を出してもらう始末、いわゆるH・I・M・O、ヒモ野郎だった訳です。21歳でバーチャ貯金を終えてからも何故か消費グセが全く治らず、都合10年近くヒモ野郎だったのです。クレジットカードもブラックリストに打ち込まれて解約させられたし、携帯電話も当然解約させられた。消費者金融に手を出さなかったのとギャンブルが嫌いだったのがせめてもの救いでしょうか。

26歳からようやくまっとうに働き出してから負のスパイラル(おめーがゲーセン行ってただからだろうが!)から脱出!したっぽい!?と思ったのですが、これは壮絶な勘違いでして、社会人一年目、仕事できない。こいつ使えない。でも使えるヤツにならないと未来がない。頑張る。徹夜上等! ひたすらアリのように働く!土日とか盆暮れ関係ねーよ!というライフスタイルで、単に金を使う暇がない、ので少々のゆとりが出来た。という根本的な解決とはまるで見当はずれな事実でして。実際に中の人間の浪費癖はまるで治っておらず、単に金を使う暇が無かっただけ、という。ちなみに最近ネットで揶揄されております社畜自慢ですが、私は入社三年目で上の人間が全員辞めてしまい、結果古株になり、ありったけの仕事を振られて最高で3週間泊まり、月600時間労働という得難い経験をさせて貰いました。当然、メンタルはクラッシュ、自尊心の為にだ働く肉の塊となっておりました故、当時わたしを飼っていてくれた美人の彼女さんに基地外のような言動を取り、お別れコース、的な事になったりしました。あの時に戻れるもんなら戻って自分を叱りつけてやりたいとも思いますが、残念ながら叱った所で結末は変わり様が無いと思います。今の俺がタイムスリップしても同じ事を繰り返すと思いますし。

で、なんでしたっけ?ああ、お金に余裕ができたと思ったらそんな事はなくて金を使う時間が無かっただけ、っていう話でしたね。で、ですね、そのあとわたしは業種は変えずに、会社を変えまして、給料も年功序列ではなく年俸制になり、結果として俺の経歴が糞な割には、勿体無いくらい十分なお金を頂いております。

なので私は友人と飲みにいく時は多めに払いたい派です。過去にたくさんの友人といくばくかの恋人にそうしてもらった様に。彼らへの恩返しみたいなもんです。将来僕が仕事をしくじって、路頭に迷ったとしたら、彼らが一泊一膳位世話してくれるかもしれないし、してくれないかもしれない。楽しく飲めたのなら、お金は余裕がある方が払えばいい。

ですので、飲んだ後に携帯の電卓機能で100円単位はおろか、10円単位まで計算する男はクズだと思ってます。どんなに仕事ができようとビッグネームだろうと、俺の中では間違いなく上位ランキングのクズ。つかおめえいい年こいて働いている男が払いでグチグチ500円がどうのとか言ってんじゃねーよ!余計に払ったその分はもっと働いて稼げばいいじゃねえか!キャバクラにぼったくられたらその分稼げばいいじゃねえか!その程度稼げねーんだったら飲みに行くのやめちまえ!マジで。

とまあ最後の一文はどうかと思いますが、そんなケツの穴の小さい男でも結婚して家と車を買い、子供二人(いわゆる役満)と楽しく生活していると風の噂で耳にしました。あれか?むしろケツの穴が小さいから役満になり得たのか?そうなのか!?そうすると俺は!?分かっちゃいたけどダメなのか!?マジかよ糞箱売ってくる!(※1) と思ったりしました。かしこ。今日も中身は全くありませんすいません。

ちなみに糞箱とdisっておりますがわたくしは生粋の箱信者(※2)です。

※1:マジかよ糞箱売ってくる!
※2:箱信者




- 3 Comments

越前  

ケツの穴の大きさはモテ値のリトマス試験紙

2012/08/18 (Sat) 14:26 | EDIT | REPLY |   

ぷり助  

そうだそうだ。僕も別に「ケツの穴がデカいわけではない」という事だけは名言しておかなければ。

2012/07/29 (Sun) 02:48 | EDIT | REPLY |   

イゴーン  

けつのあな

『ケツの穴の小さい男』の逆って、『ケツの穴の大きい男』って事になるのかな?それはそれで男らしいのとはちょっと違った事になるな。男から愛された男には違いなさそうだが。

2012/07/26 (Thu) 14:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。