エゴノム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ビデオ店】すべてはポルノムービーである

9f3c425826c64ad0eca6d42348b09a0e5bda6191_m.jpg

こんにちは、イーゴンです。
今まで、ビデオ店でたくさんのビデオを借りてきた。そりゃあもうたくさん。
ビデオテープもいっぱい持っていた。主に、テレビ番組を録画したテープ。
VHSが好きだった。磁気テープが好きだった。

小学校高学年くらいから、レンタルビデオ屋さんに通い始め、
映画やアニメなどのビデオを借りて、よく観ていた。
「ビデオランド」という、となり町の小さなレンタルビデオ屋さん。
お店のカウンターには、いつも、ソバージュヘアーのお姉さんがいた。
飯島直子風のお姉さんだった。

ビデオ1本600円。2本借りると1本オマケしてくれた。
いつも、3本借りて1200円。
子供のお小遣いでは、そうそう頻繁には借りれなかった。
なので、私は、自分がアレルギー性の鼻炎だったのをいいことに、
耳鼻科に行くお金を母からもらっては、医者には行かずにビデオを借りていた。

週末は忙しかった。120分のVHSを3倍モードで映画を録画。

 金曜ロードショウは水野晴朗。
 土曜ゴールデン洋画劇場は高嶋忠夫。
 日曜洋画劇場は淀川長治。

週末ごとにビデオアーカイヴが増えつづけた。

中学生になると行動範囲も興味範囲も広がった。高校生になるともっとだ。
私はビデオ屋があれば入り、会員になっていった。

高校を卒業し「浪人生」の振りをしてぶらぶらしている時期、
私は「ビデオワン近江店」に通い詰めた。
新作映画、名作映画、ドラマ、エロ、その他いろいろ。
もう、適当に借りていた。
自分の好きなものなんて借りない。出会うがままに借りた。

この習慣は、その後5.6年続いた。

映画やドラマならまだしも、ハウ・トゥ系のビデオとか、
マイナースポーツのビデオ。知らないアイドルのイメージビデオ。
エロ系のビデオコーナーでも同様。
多様なジャンルを所狭しと横断した。
エロビデオには実用性が重要であるが、
これもまた出会うがままに借りた。新しい扉ノックしつづけた。

「ビデオワン近江店」は、2階フロアがすべてエロビデオ。
初めて行った時、まだそれ程免疫が無かった私は、めまいがした。
実用として受け入れられないものも、多くあった。

「こいつは、大仕事になるな。」そうおもった。

好奇心旺盛だった私は、片っ端から見た。
もちろんエロ以外のジャンルとも平行してレンタルした。
フェリーニとバクシーシとコイサンマンを同時に借りた夜もあった。
ベルトリッチとアロマ企画と花王名人劇場を借りた夜もあった。

あるアイドルそっくりさんのAVと、
そのアイドルの主演映画と、
その映画のタイトルをモジッたタイトルのAVと、
そのAVに出てた女優に似てる芸能人が出てる映画を、
一度に借りた事もあった。
こうなってくると、どれが本物で、どれがAVだったのか、
もはや記憶すらあいまいだ。

SM、痴女、ロリ、熟女、デブ専、ニューハーフ
レイプ、ゲイ、スカトロ、アニマル、フィスト

例えばAVの中でも、暴力的な要素が強いジャンルの中には、
こいつはどうだろうと思うような凄まじいものも存在する。
そのうえ、それが男同士のゲイムービーである場合もある。
しかもそこに、動物が絡んでくると、もう大変。
私にとっては、夜中にうなされるほどのショック映像であった。
ジャンル的には、「ホラー」なんじゃないかと思った。

そう思うと、逆に「ホラー映画」のコーナーが、
ある一部の人にとってはAVコーナーである、ということになり、
テレビで放映される「ムツゴロウ~」や「志村動物園」も
ある一部の人にとってはたまらない映像である、ということになる。
人間の性的嗜好は多種多様であり、その奥は深い。

つまり、レンタルビデオ店にあるものは、全部が「AV」なのである。

アダルトビデオは、必ず誰かの欲望が前提になって制作されている。
その誰かの欲求を満足させるために存在する。
欲求のはけ口として。あるいは愛の代替として。

それはたとえば、芸術という名のもとに制作される、
独りよがりで難解な映画よりはずっと存在価値が高い。と、私は思う。

あらゆる映像作品は、製作者の意図にかかわらず、
すべてがポルノムービーになる宿命を背負っているという事を私は知っている。
以来、私はテレビや映画など、何を観る場合においても、
「これ観て興奮してるやつが、今この瞬間、絶対に存在している!」
という事を実感している。

まあだから、どうという事は無いけど、こんなことを考えている私は、結構なサディスティック人間か、さもなくはバカか、どっちかでしょうね。どっちでもいいですけどね。

- 5 Comments

コンバット越前  

頼んだ。


それはたとえば、芸術という名のもとに制作される、
独りよがりで難解な映画よりはずっと存在価値が高い。と、私は思う。


これさ、いいね。
ていうか正論だよな。
どうせ大衆の面前で自慰行為カマすんだったら、目が離せない、惹き付ける面白い自慰行為してくれってんだよな。
アートぶってるのは大概面白くねえ。アートぶってて尚かつ面白いのがあったら、それは、教えて。

2009/08/26 (Wed) 02:04 | EDIT | REPLY |   

イーゴン  

フランス映画ね。
マッチョなフランス映画なんて、思いつかん。

マチュー・カソヴィッツ監督の「憎しみ」とかかな。
ほとんどナイキのCMみたいな感じだけどね、
まあギリギリでフランス映画的。

でも、意外とレオス・カラックスが踏絵だと思う。
「ポンヌフの恋人」とか、「汚れた血」とか。

記事に書きます。

2009/08/26 (Wed) 01:52 | EDIT | REPLY |   

コンバット越前  

以上に、って異常に、の間違いでした。

2009/08/26 (Wed) 01:36 | EDIT | REPLY |   

コンバット越前  

Re: タイトルなし

エロビデオブログ、読んだよ。
顔文字、絵文字を使ってない事に好感を覚えました。
この人、多趣味だし、頭良いんだろうね。少なくとも俺よりは頭は良いし文章も切れてる。俺が今までに会ったAVの世界の人はみんな脳味噌すっからかんのラリ中かアイドル気取りの変なのばっかだった。それと比べたら雲泥だなあ。


で、あとさ、俺以上にフランス映画が苦手なんだけどさ、なんとかならんかねコレ。猛烈に苦手なんだよ。フランス映画で、俺がチョイスorTVで観る映画全てクソなんだけど。ゴダールも俺は理解できんかったし。なんか男らしい、マッチョなフランス映画を教えてください。恋愛は却下でお願い致したいです。

2009/08/26 (Wed) 00:45 | EDIT | REPLY |   

イーゴン  

エロビデオの話しのついでに、このブログが面白い。
元さんまの恋のから騒ぎメンバーで、人気AV女優⇒今年引退、の
峰なゆかさんのブログ。才能ある。
http://ameblo.jp/nayuka-mine/

2009/08/23 (Sun) 11:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。