FC2ブログ

エゴノム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アートノバ】台所で煙草を吸う。その喫煙スペースは未来へ繋がる(下)

BGM:Classixx - I'll Get You (feat. Jeppe)

次の週、廃墟ビル、ノバに行く。

「あ、今日から入った越前君。色々と教えてあげてな。あ、夜は彼等二人に任せているから」その彼等二人、というのがのぶさんとイーゴン君だった。「彼がのぶな、彼がデッサン担当だから」「あ、越前ッス。宜しくお願いします」「宜しくです」のぶさんとはこんな感じ。「で、彼がイーゴン、でも彼は映像科の講師だから余り話す事無いかもしれないね。あ、でも越前君は映像科だっけ?だったら話す事あるかなあ」「あ、越前ッス。宜しくお願いします」「イーゴンです。宜しくお願いします」イーゴン君とはこんな感じ。「じゃあちょっとやろうか」とY先生に鉛筆の削り方、ねりけしの使い方、構図の取り方、基礎中の基礎を教えて貰う。おーすげーこーやんだーデッサンってー。へーなるほどなーへー。って感じで、学んでいる。俺今学んでいるぞ!という感じがビシバシにする。周りを見渡すと学ラン姿のコや、ブレザーのコが目立つ。高校終わってから来てるのかーなるほどなー。とかいいながら鉛筆を削る。ご存じの方も多々いらっしゃると思いますがデッサン用に鉛筆を削るのは難しい。すぐ右脳の奥が痛くなった。

「ここ煙草吸えます?」「ああそこで吸ってね」とのぶさんとイーゴン君が机を構えているすぐ側の台所を指指される。ここは元は事務所用だったのかなあ。でもシャワーねえ気がするな・・・・とか思いつつ煙草を吸う。目の前の二人に目をやる。

のぶさんは、こういう事云うと本人はとても嫌がると思うし、知らない人からしたら身内で何褒めあってんだよ!気持ちわりい!って感じる人もいるかもしれないけど、正直に書く。
スゲー格好いい人だった。得体の知れないパンツ(後にそれはサルエルパンツという事をヤフオクで学習)を履いていて、チャールズ・ブロンソンが履きそうなブーツ、そしてピシッとしたシャツ(ギャルソンかなあ?)。人間当たり前だが生まれてから色んな人を見にする。不細工、美人、惜しい人、格好いい人、俺は人間観察が好きだったので高校時代は学校をさぼって駅前のベンチに同じ学校の4コ下の悪友(テキ屋の娘に手を出して後に行方不明になる)と一緒に2時間、長いときは4時間近く人間を見ていた。で、のぶさんは俺が今まで見た人の中で最高に恰好良かった。最高にお洒落な兄ちゃんだな、と思った。俺の世界が狭いのかもしれない。しかしよくブラブラしてた古町(商店街)や万代(商店街に代わって台頭してきたNEWお洒落繁華街。でも田舎)の服屋の店員と比べても比べものにならない位恰好良かった。身にまとうその俺にとっては見慣れない服を完璧に自分の服として着こなす様に感動すら覚えた。これはお世辞でもなんでもない。マジな話だ。俺が当時そう思って今思ってもそう思うから、これはマジだ。少なくとも俺にとってはマジだ。と、同時に見えないフィールドみたいなのを張ってるな、とも思った。ATフィールドの様。どんな人間でもそれは態度やら言葉の節々に現れる。彼のそれは顕著で、こっから先入ってきたらおめえ分かってんべな?みたいな空気があった。しかし殺気立っている訳でも無いし、目つきが悪い訳でも無い、こっちが質問すると普通に教えてくれる。何も害は無い。単純にそういう空気感がその人の周りにある、そういう人だった。俺は一発で興味を持った。何より、生徒の学生がくだらない事をいって笑い合ってても目の奥が笑っていない。これは油断ならねえ・・・・・そう思った。

イーゴン君(君付けなのは当時も今もイーゴン君、と呼んでいるからだ)はひょろっとしていてコンバースの履き潰したオールスターに革パン、革ジャン、という正に服だけみたら売れないバンドマンみたいだった。でもそれが似合ってる。ベース持ってちょっと弾いてみてよ、って言ったら「あーチョッパー最近練習してねえからうまくひけねえや」なんて言いそうな感じだった。んな感じでこいつもまた男前だ。なんだここは?男前講師ばかりか?それはいいとして、話をしてみたら我々は同い年だった。同い年で映像、という接点でイーゴン君とよく話をした。イーゴン君をブリッジにしてのぶさんと話しをする。台所という喫煙所で。話題はボーキサイトからオウテカまで飛び、何がなんだか分からない。しかし楽しい。
イーゴン君はのぶさんに比べると控えめで、自分に自信の無さそうな話し方をするなあ、と思った。そういう雰囲気の話し方なのか、フランクなのか、それとも単に無責任から来る罪悪感なのか、なんか自信の無さそうな教え方をされた。そもそも俺が同い年だからズバッとこことここが駄目!死んでこい!とか言いにくいのかなあ。だとしたらなんか申し訳ないなあ。と思った。きっとそうだったんだろうなあ。同い年の生徒来たら扱いにくいよなあ。俺だってそうなるなあ。多分そうだわなあ。
イーゴン君はPCでいつも何かしてた。ある時はhtmlだったり、ある時はホトショ、イラレ、FLASH、色々やるんだなあ、映像科って大変だなーって思って聞いたら「あ、これ授業と関係無いから」と。あ、この人は今何かを溜めているんだな。と思った。それは将来に繋がるかもしれないし、繋がらないかもしれない。でも有り余る時間で何かをせざるを得ないとなったら人間は大体二方向へ進路を取る。流れに身を任せてそのまま流れるか、それとも何か無いか、探す。何かを。イーゴン君は後者でいつも何かを触っていたし探していた。そのスタンスは今でも代わっていないんだろう。同い年でこういう人がいる、っていうのは実に、経験した事がある人は分かると思うけど、実に刺激的だ。そしてやっぱりイーゴン君も目の奥が笑っていない。口元はいつもへらへらしてるのに。カウンターを狙ってくるタイプだ。
ちなみにのぶさんは真面目に生徒の課題を見て、アドバイスをしていた。イーゴン君とは大違いだ。

そんな感じでタイプの違う二人と、楽しくも、しかし決して油断してはならない、そんな時間を台所という喫煙所で一年とちょっと過ごした。

あの廃墟ビルで知り得た面白くも尊敬する年上の人と面白くも尊敬する同い年の人。得難いものだ。俺が普通の人生を歩んでいたら絶対にレールは交差しなかったであろう二人の人。

只一言。有り難いね。
神に感謝!なんぞ死んでも思わないが、あれは俺の穀潰し人生の中でのご褒美だった様な。
あの台所兼喫煙所で過ごした瞬間をたまに思い出す。懐かしく、俺も、イーゴン君も、のぶさんも、みんな目は将来を見据えていた様な気がする。

そして数年ぶりに東京で会い、今こうして一緒にブログというものをしている。不思議な感じだ。




まぁその後さ、友人づてにイーゴン君結婚したよ。って知ってさ。
んでお前結婚式行ったの?っつったら、行ったよ、とか言うしさ。
俺には結婚したともしますとも二次会来る?とか一言もねえ訳だ。恨んでやる。


という感じだったんだよ。おじさん懐かしくなっちゃったよ。明日からまた仕事だよ。お盆なのに。

- 7 Comments

コンバット越前  

>イーゴン奥様
ジーンとしちゃいましたか。うへへ。
あ、気は遣わなくて良いんで!今度遊びにいったときに旨いもの食わせてくれなんてこれっぽっちも思ってませんよ!

2009/08/18 (Tue) 19:41 | EDIT | REPLY |   

イーゴン妻  

なんかジーンとしました。ノバ思い出して。
コン越にジーンとさせられちゃった。

これからも主人と仲良くしてやってください。

2009/08/15 (Sat) 22:17 | EDIT | REPLY |   

コンバット越前(休日出社4日目)  

>のぶちゃんさん
僕も新潟の地を踏めたら、挨拶に行こうと思います。Y先生覚えてくれてるかなあ。
後、のぶちゃんさんはすごい結界師っぷりでした。陰陽師バリ、安倍晴明バリの。といっても入れない結界ではなくて、普段は生温かく見守り、しかし、舐めた事いってると潰すぞワレ、という感じのある種のリトマス紙的な結界で御座いました。故に緊張感がある、というか。
最近ようやく緊張しなくなってきましたよ!

>mackieちゃん
あれはなあ、暴れるに決まってるだろ!なんなんだあの野郎!クソなめやがってからに。あいつはいくらツレの嫁だろうが許せん。そもそも俺に喧嘩売りに来てると思われるしゃべり方が・・・・・って後で書くわ。
ちなみに貴方の結婚式で暴れる予定は御座いません。暴れる理由が見あたりませんので。

2009/08/15 (Sat) 15:44 | EDIT | REPLY |   

mackie  

結婚式に呼ばなかったのは正解ですww
実際にこの前一緒にでた結婚式で見事に暴れてたから

でもその暴れが見たいから うちの式には是非来てもらいます◎

2009/08/15 (Sat) 00:30 | EDIT | REPLY |   

のぶ  

なんだか懐かしくなりました。イーゴン同様、俺にとっても母校。今の俺を形成してるDNAの部分。
新潟に帰ったら挨拶に行こうと思うよ。

しかし俺ってば、そんなに結界師だった?

2009/08/12 (Wed) 13:56 | EDIT | REPLY |   

コンバット越前  

怖くない。怖くないぞ。
あ、でも表情はあんまり無かったかもね。今よりガリガリだったし、頬もこけまくりだったしね。後、余り笑わなかったよな。今は結構違うかもしれない。

書き忘れた事がある。
10代の頃にあそこで時間を過ごせた事、それはとても羨ましい、という事だ。あんな場所と、人、なかなか無いし、居ねえよ。人格形成に多大な影響が出るよ。
後、Y先生にのぶさんとイーゴン君が居ないときに、二人がどういう人か聞いた事がある。何て言ってたか、それは内緒。

帰省の折にY先生に宜しくお伝え下さい。俺も次に新潟の地を踏めたら挨拶に行こうと思います。

後、結婚式な、それなぁ、いくらなんでも余程の事がねえと暴れねえよ。先々月の連れの結婚式は新婦に余程の事があって暴れたけど。最終的には新婦とガチンコのしゃべり場(口喧嘩寸前)。余程の事が無いだろう君の家庭は!ヤッロー。

2009/08/12 (Wed) 09:41 | EDIT | REPLY |   

イーゴン  

今思い出すと、同い年の彼が入学してきて、
「あ、なんか怖そうなのが来た。」
って思ったw。

同い年でやりづらかったとかじゃなくて、
コン越、怖かったんですよ。
今は随分やわらかくなったよね。

このアトリエはね、私の母校なんです。
「東京生まれヒップホップ育ち」みたいな感じで
「新潟生まれアートノバ育ち」です。

現在の俺を作ったのは、このアートノバというアトリエです。ほぼ、ここで出来上がりました。

このお盆に、挨拶に行ってみようと思うよ。

結婚式に呼んでないのは、
来ねぇだろうな、と思ったのと、あと、怖かったからです。
暴れるんじゃねぇかと思って。
(泉谷しげるを想像してください。)

そんな感じ。

2009/08/12 (Wed) 07:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。